ぱるかたーる

きもオタのおっさんです。旧日記d.hatena.ne.jp/palca @palcamirai

ポッドキャスト考

人類は、常に感染症との戦いで打ち勝って打ち勝って打ち勝っての繰り返しである。世界中で同じ状況を共有しているという事は、有史以来なかったのじゃないだろうか。戦争は、敵同士になり勝者は、自分の正義を相手に呑ませる。中国で流行り始めた頃は、少なくとも日本では、対岸の火事だった。アフリカで流行病があっても興味関心は、持たれない。欧米で広がっても同じ。世界中で同じ体験をしている。インターネットを開くと肌の色に関係なく感染症対策をしている。スポーツの世界では、韓国では、NCダイノスが初優勝そして初のシリーズを昌原馬山で行えなかった。サッカーは、世界に先駆けて開幕したがほとんどの試合が無観客。野球は、後半無観客試合の応援映像をYouTubeライブ配信。ラインナップソング、アパト、勝利の歌、ソウルのアリアなどの画面越しに歌い。朴龍澤の代打逆転本塁打に興奮し現役最終打席のファールフライは、走者李天雄の2塁へのタッチアップにより犠牲フライになった。

バスケットは、有観客での開幕だったが12月に入ると首都圏無観客その他は、1割での開催になり大晦日恒例の籠球迎新は、通常試合になり代わりのその時間帯は、昨年の試合とイベントを配信。現在も状況は、変わっていない。

+世代交代が急速に進むKBL

昨年限りで梁東根の引退。今年金泰術や윤호영 の出場時間激減。梁煕種や이현민、양우섭김영환など健在ぶりを示すベテランもいるが今年は、史上初めて高卒1巡1位が誕生し2巡1位のSKナイツ오재현の衝撃的なデビュー。KT박지원に2年目박정현に昨年の新人王김훈もタイトルに恥じない活躍を見せている。KGC司令塔변준형は、通算でも80試合ほど現代モービスの高卒3年目で正PG서명진と通算試合出場は、変わらない。現代モービスは、梁東根のあと金時来、李大成、감광철 、이지원と 先日発表されたKBLオールスターでは、1位허훈2位許雄と許載の息子2人が分け合った。3位송교창。呉世根、박찬희が外れた。LGケディ・ラレンは、テリッコ・ファイトと入れ替わって選手登録を外れたため代替で김현수が選出。おそらくAllStarワッペンをユニフォームにつけて各球団でプレイするものと思われる

+アップル界隈

TV+は、Netflixやアマゾンには、勝てっこないのだから大物を使ってますって自慢したいみたいだが。いらない。TV+は、アップルのYouTubeを目指してほしい。アップルワンの導入でApple Musicユーザーにとっては、月料金が値上げしたけどTV+とアーケードが無料化した感覚。感覚的に無料でも有料なので無料で流すわけには、いかないが無料で流すほどでもない。そんな感じ。ゲームの体験版映像とかコンサート映像。配信チケット売れないだろうけど無料で流すわけには、行かない公演のアーカイブApple Arcadeの実況動画など。それからポッドキャストTBSラジオ文化放送が力を入れているが収益化不可能なシステム。自社で配信をコントロールできるラジオクラウドを始めたけどポッドキャストの手軽さには、負けてラジオクラウドから1部をポッドキャストに戻し始めてもいる。そういうラジオ番組ならPodcast+(仮)に参戦してくるのでは、ないだろうか。ビデオポッドキャストも忘れてないだろうか文化放送がライオンズ戦ハイライト映像をビデオポッドキャストで流していた。それらは、TV+で流せる。全部で月1100円という魅力

+ポッドキャストで思い出した

マックファンの連載記事で最近ポッドキャスト復権しているらしいというところから書き出してきているが。ポッドキャストがアップルが始めたものでは、ないという事をコラム作者自体勘違いしていたというのが驚きだった。ポッドキャストは、有志が始めたものだということは、有名な事だと思っていた。ポッドキャストアプリ自体ミュージックアプリから分離したのは、最近のこと。最初は、CDから読み出してMP3にしたりアップル用のファイルに変換。そのためにiTunesに初めて触れる。ここでMP3というところに注目した有志が英語学習のリスニング音声を取り込んだ。ドラマCDもラジオ番組の音声ファイルもガンガン取り込んで自分で楽しんだ。最初は、音声も音楽もごっちゃになっててややこしかった。RSSが普及し始めた。ニュースやブログをまとめて読むのに便利なRSSリーダーが流行った。ニュースキュレーションアプリの走りだな。これでポッドキャストも配信できるらしい。リーダーのURL欄の末尾の拡張子が他とは、違うところをコピってiTunesに掘り込んでみた「おおおっ」iTunesの中にポッドキャスト番組のタイトルがずらずらと並ぶでは、ないか!しかも新しく配信されるたびに追加されてくる。そのうちアップルがiTunesポッドキャスト機能を独立して投入。iTunesストアで購入するようにポッドキャスト視聴ができるようになった。ポッドキャストが早い段階でアップルが取り込んでいたらiTunesストアで番組を購入できる機能が備わっていたのでは、ないだろうか。10分255円、1時間番組だとアルバムの扱いで6本プラスおまけで700円ほど配信側は、きっかり10分で区切らなければならず話が盛り上がってきたところでぶつ切りにせざるを得ない。結果アプリとしてApp Storeで配信ということになって気軽さがなくなる。ラジオクラウドと同じもの。ポッドキャストが普及したのは、端末に取り込める事そして完全無料である事。そこで有料だけど無料と同義なアップルワンにPodcast+を入れろって話。2軍というか独立リーグみたいな状態になるけど無料のポッドキャストも残す。無料部分は、最新3本でいい。プラスの方では、配信者の裁量で好きなだけ配信できる。Apple BooksにあるドラマCDも分離できないかな

+前期アニメと今期アニメ

異世界ピクニック」「ゲキドル」をオフライン視聴できる状態にした。鳥子。「魔女の旅々」「おちこぼれフルーツタルト」「RtB」「虹が咲」

 

KBL2巡1位指名오재현の衝撃デビュー

+KBL

上位は、KGC(변준형) SKナイツ(오재현) KCC(송교창)  オリオン(李大成이종현이승현) 

中位 三星(이관희) KT(허훈 박지원) 電子LD(김낙현) 現代モービス(서명진) 

下位 LG(박경상) DB(이용우)

と注目選手とともに紹介。2Rは、DB中村太地の史上2位24mブザービートが話題に。ドラフトでは、1位指名権を得た三星により済物浦高차민석絵の史上初となる高卒1巡1位。妹박지현 に続いて兄妹1巡1位の期待を抱かせた박지원は、2位でKTが指名。中央大アシスト王윤원상がLG。こちらも史上初となる同年2人目の高卒指名釜山中央高조석호は、2巡目でオリオン。高知中央高-大阪学院大の함승호が最後の指名でKCC。高卒1位차민석がDリーグで26分出場。이용우もデビュー。最初にデビューしたKT박지원も上々のデビュー。現時点で昨年の新人を超えている。昨年1位の박정현は、2年目で存在感を増して来ている。衝撃のデビューを見せたのがSKナイツ2巡1位漢陽大3年の서명진世代の오재현(背番号22)。ナイツは、10位の指名権だったので1巡10位と2巡1位は、連続指名になる。

負けている中での登場だったが初めてみる名前に「こいつ何者?」と目を離せなかった。2試合目で先発出場。3試合目で初3点砲に37分出場。その守備。張り付くような守備は、전태풍を思わせる。이정현からするりとボールを奪ったシーンは、目を惹きつける

ユーチューブでハイライトがまとめられてるので見てほしい

 

+今日のモバイル

「Pencake」のアプリ730円購入。デザインがいい。小説を書いてI文庫で読んだりできる。アニメの感想集やこのブログで書いてるネタをまとめたり色々できる。Fuzかブックウォーカーか迷うなあ。ブックウォーカーの雑誌は、登録時点の最新号からあとでバックナンバー読めないんだよな。本のサブスクって難しいのかな。AppleOneは、Apple Musicが値上げしてTV+とアーケードと1番安いクラウドが無料化したサービスと考えてる。TVをアップル版YouTubeにしてほしいな。ポッドキャスト+ほしい。Apple Music利用者にとっては、無料の有料サービスなら利用者多いしラジオ局の配信も増える。いまいちなビデオポッドキャストでアニメのミニPVとか配信とかいい。制限なくオフライン視聴できるんだよ

+快活クラブ

外環状沿いの店舗は、3時間パック税込590円のオープンスペースにパソコンとコンセント2USB2がついている。広くて椅子から見える位置に無料朝食が置いてある。

 

 

雑誌サブスク試してみる

カドカワブックウォーカーの24時間お試しコードが配布されていたので使ってみる。支払いにお試しコードを使うとすれば利用できるのでお試し期間が終了後何もしなければ自動的に有料プランに移行するというような心配は、ないのでその点安心。お試しだからか読める本は、限定されている感じ。雑誌は、配信されているものが全て読めるわけでは、なく登録した日の最新から後に発行されたものしか読めない。通常の感覚だと「読み放題」と書かれているものは、すべて読める物だと思ったが違うらしい。きらら系雑誌も一通り対象になっているが芳文社のfuzとの兼ね合いからか約半月遅れる。だがさすが最大手カドカワ。漫画やエンタメ雑誌の充実度は、郡を抜く。電撃gsマガジン、b,slog。メガミマガジンなどが対象になっている週刊アスキー関西ウォーカーが入っていれば楽天マガジンを終了させようかと考えたがないらしい。最初の方こそ渋っていたがここ数年の間に最新の物まで対象に入ってきた音楽サブスクリプションほどの充実は、期待しない方がいい。月額836円の読み放題サービスだが漫画・雑誌と角川文庫・ライトノベルは、別コース。全て読むと1600円。漫画雑誌に関しては、電子の特性を活かしてバックナンバー無限を期待したい。すでに発行を終えている電撃hp、電撃アドベンチャーズ、コンプRPGドラゴンマガジン電撃王を読みたい。中野豪のイラストを!プリンセスメーカーの連載を!クリスタニアの連載を読みたいのだ。私は。TRPG関連が一切なかったのも気になったファンタジア文庫ソードワールド小説は、あるがドラゴンマガジンは、一切なし。ロールアンドロールが1冊3000円を越えるところから考えるとルールブック1冊とダイスがあれば遊べるTRPGは、収益を上げるのが難しい構造。シナリオ集に至っては、ゲームマスターをする人以外は、購入を勧められないというのが辛い。TRPGを支えているのは、積極的に遊ぶユーザーとTRPG読者と呼ばれるリプレイを読み物として楽しむ。ルールブックを買って読むと一緒に遊ぶ仲間がいない層に支えられている面がある。しかもその層は、増えていない。狭く深く堀り続けるしかないのだ。TRPGと繋がりの深い商業プレイバイメイルでは、年間2万円。ルールブックに3000円毎月支払うサービス料と交流誌を合わせて1600円支払うことを苦にしない層が主要顧客なのに。今現在は、舞台をウェブに置き換えて電子メールでアクションを送ってリアクションの小説、キャラを成長させるミニゲームなどで遊ぶ。そして他のプレイヤーとの交流が主題である。

TRPGは、2次創作やリプレイでシェアドワールド的展開ができるからウェブで盛り上がりやすいと思うんだけどなあ。リプレイ読みたい。小説も全くないのが辛い。ソードワールドで山ほど短編集読んだのに。カクヨムや「なろう」でシェアドワールド小説コンテストとかやってほしい。司馬遼太郎新撰組コンテストとか

 

手も足も出ない。悔しい。でも悔しいと思えるのは、幸せなこと。本人だけでなくてタイトルを争ったライバルも貶められているのが辛いよね。agin2002vsLions

KBLドラフト史上初高校生1巡1位済物浦高차민석選手

23日開催されたKBLドラフトで史上初めて高校生が1巡1位で指名された。16日に開催された順位抽選会によって三星、KT、現代モービスの順に指名権を得て。事前の記者による予想では、大学リーグ1次大会MVP延世大박지원が候補に上がっていた。大学No.1を1巡1位にするのが礼儀みたいな感じがしていたので身長200の高校生の1巡1位は、驚き。高校生の1巡指名自体は、16年の三一商業高송교창の1位指名に始まり翌年に現代モービス釜山中央高서명진続き昨年SKナイツ安養高김형빈と連続して指名されたことで高校生指名は、トレンドにもなっていた。今年も釜山中央高조석호(オリオン2巡)と三星1巡1位に指名された차민석が1巡に指名されるかどうかが注目の的だった。

KTの得た1巡2位は、大学ナンバーワンの延世大박지원。ウリ銀行ウィーヴィー박지현との兄妹1巡1位なるか?に注目されていた。昨年の大学リーグアシスト王の中央大윤원상は、5位LGから指名。3巡目最後の指名は、高知中央高-大阪学院大の함승호をKCCが指名。日本の大学生がKBLドラフトに指名されたのは、岩手富士大から現代モービスに最後に指名された呉宗均(2年で戦力外)以来となる。日本の高校出身のドラフト指名は、初かな?

1位2位の차민석 박지원は、例年通りなら今週末、遅くとも12月上旬には、デビューできるものと思われる。

송교창

三一商業高-KCC 背番号は、7番からアンドレ・エミットの2番を引き継ぐ。3点シュートが撃て得点は、昨シーズン今シーズンと5位以内に入る。中国W杯代表で通算200試合出場

서명진

釜山中央高校-現代モービス 背番号は、77から今季7。昨季に出場数を伸ばし梁東根引退後の今季は、オリオンから移籍の大邱オリオンス時代に優勝経験しているベテラン이현민と併用される形で主力として出場。ボール運びがうまい。金髪に染めた髪をなびかせファンから暖かく見守られている。

김형빈 

安養高から1巡4位でSKナイツより指名された長身選手。中止になったサマーマッチでデビュー予定だった。12月初旬時点でDリーグ3試合26分出場

 

来年のドラフト注目は、延世大이정현 が注目であるが今年の大学3年は、他にも注目すべき人材多く이종현 ドラフトに並ぶ注目年になると思われる。1巡指名権は、優勝準優勝以外からの抽選によって選ばれる。シーズン全勝球団でも4強で敗退すれば1位指名権抽選に参加できる。

  

KBL三角トレード이종현オリオンへ

11月11日現代モービス、KCC、オリオン間での三角トレードが成立し16年のドラフト1巡1位でW杯スペイン大会では、大学1年で代表として出場した이종현のオリオンへの移籍が決まった。オリオンは、因縁の相手である。そもそも現代モービスに이종현が所属しているのも16年シーズン1位の現代モービスがオリオンに4強プレーオフで3連敗したことによりドラフト順位抽選に参加できたからである。高さに負けた現代モービスにとって이종현は、最後のピースが埋まったと思わせた。しかしデビューは、年を越した1月に大歓声を受けて怪我から復帰した梁東根とともに登場。金鐘奎からブロックを奪うなど魅せた。年平均も2.0ブロックを越え国内でもトップ。だが伸び悩む。そして今年オリオンからFAで장재석が加入した事により現代モービスでの居場所を失った。オリオンのエースは、高麗大の先輩でプロアマ最強戦でも対戦した이승현である。ともにオリオンに移籍する김세창は、中央大のアシスト王で昨年1巡8位でKCCから指名され即李大成、羅健兒を獲得した大型トレードの1角としてKCCのユニフォームに袖を通す事なく移籍した。この時KCCから現代モービスに移籍した박지훈は、今回の移籍でKCCに戻る。李大成は、FAによりKCCからオリオンに移籍し弾かれる形で최진수が今回現代モービスに移籍。권혁준と交換でKCCへ移籍する김상규は、장재석のFA補償と予想していたが今回のトレードによりオリオンでなくKCCへの移籍となった。KCCからオリオンへは、昨季年俸上昇率1位の최현민。現代モービスからオリオンへ移籍する강병현は、兵役除隊後の加入となる。 

大阪市存続とラジオと魔女と

敗因は、住民感情を読めなかったところだな。夢を見る男と現実主義の女の対決のような図式だった。大阪市にとって身をきる改革な訳で。改めて見ると杜撰なとこが多いな。移行で余計な資金がかかると言われて新たな建物は、立てない。そうしたら職員が収まらないので大阪市役所に間借り。区割りは、人口割だけど北区福島区は、淀川区に入れた方がいいと思うけど京橋蒲生は、中心駅扱いじゃないから梅田のある北区を城東鶴見と合わせる。大阪市を残して大大阪を実現するには、大阪市の権限強化と府庁を大阪市外に出す。府庁は、負の遺産になってる関空ゲートタワーに移す。大阪市のことは、大阪で完結させる。大阪南部和歌山徳島にも注目したい

ストライクウィッチーズ

初見は、バッサリ切り捨てる。各種配信で1期2期劇場版O.V.Aブレイブウィッチーズを全部見られるので後追いでも十分追いつく。設定と部隊がたくさんあるのでTRPGやPBM好きな人には、刺さると思います。特にニコニコなどのコメントが流れるところでは、他部隊についての書き込みもあるので他部隊、過去作品などを知っていればさらに深くなる。同じ世界で複数展開している作品は、やっぱり楽しい

ラジオの時間

楽天マガジンの日経トレンディにて「ラジオ」が特集されていた。伊集院光爆笑問題、ライムスター宇多丸、ジェーンスー、一言で言えばここ10年のラジオをひっぱってきたTBSラジオですが。同局は、ポッドキャストから拾い上げた新世代パーソナリティも強い。ブロガーから出てきた荻上チキさんに。番組表には、ポッドキャストで見たタイトルがポツポツ。

 

 

 

國府田マリ子のRadio Canvas(2)

國府田マリ子のRadio Canvas(2)

 

 

ラジオキャンバスの背景は、「つかしん」での1stアルバム「PURE」発売を記念した無料ライブの場面。

特集で意図的に除外されているのがアニメ系ラジオの存在。ラジオパラダイスのパーソナリティ人気投票では、小森まなみが女王として君臨しKBS京都はぃぱあナイトで月曜・富永みーな、金曜・日高のりこが20位以内を争っていた。番組内でパーソナリティが投票を呼びかける空気は、祭りみたいで楽しかった。この頃に林原めぐみの「Tokyoブギーナイト(ラジオ関西)」「ハートフルステーション(ラジオ日本/ラジオ関西)」がスタート。アニメ系で今に至るまで存在感を発揮している文化放送。「電撃大賞」としてスタートしたラジオドラマシリーズ。クリスタニアとゴクドーくんは、聴いてた。東は、文化放送、西は、ラジオ大阪。今は、FM大阪「おふらじEX」が地上波アニメ系番組。文化放送は、ネット番組でも先駆者で「どっとあい」は、パーソナリティ100代は、超えてるかな。ネットアニメ系は、音泉が最大手かつ古参で貢献度高い。オトメイトだけしか聞いてないけど。ラジオウィッチーズは、ニコ生分で聴いている。響ラジオステーションは、よくわからないけどアイドル声優わちゃわちゃ系だろう。ポッドキャスト番組は、新規を開拓するって意識ないなあ。10年以上続けているところは、地上波ラジオ番組と同等のクオリティを保証する。ラジオは、やっぱり読み上げ能力がモノを言う。サンキュータツオさんの幅広い知識。時折毒が混ざるけど。ライムスター宇多丸氏の聞き上手。話の引き出し方。ジェーンスーさんの本音トーク太田光氏の読み上げ能力。こち亀の中の両津の言葉で「電話で映像が出ないのは、短所でなく長所」は、至言だと思う。ラジオは、想像力。布団をかぶって耳元で囁いてくれる。手書きの葉書を通じて親近感も強い。番組内で採用されてなくてもパーソナリティの人は、結構目を通しているんだよ。どうせ没だと思って色々書くと顔が真っ赤になるよ。映像が流れる媒体(ニコ動)とかでもラジオは、基本静止画。リスナーの想像力に任せるのだ。

アップルワン

Apple Music  AppleTV+ Apple Arcadeというアップルが後者をなんとか使ってもらおうとする抱き合わせサービス。Apple MusicとiCloud130円から移行で年間プランの切り替えが1ヶ月後だったので移行。年間プランプラスiCloud130円の方がアップルワンより安いのではっきり言って損したかなあ。と思っています。Apple Musicからアップルワンに即座に切り替わったのでApple Music年間は、11ヶ月で終了でなんかもったいないなあと思ってる。年間プランは、2ヶ月分無料なので損は、ないけど。抱き合わせられる方、本当にいらない。アーケードにコーエーコナミSNKが入っていれば。ときメモシリーズと信長シリーズ入ってれば迷いは、ない。TVは、アップルオリジナルだけってのがねえ。他は、追加料金に他サービスに飛ばされたり。TV+よりPodcast+が欲しい。前述したようにポッドキャスト番組は、収益化不可能がネック。TBSラジオも新たにラジオクラウドを立ち上げたりしたけど1部コンテンツをポッドキャストに戻したりしている。ポッドキャスト+があればラジオクラウドを立ち上げる必要なし。TV+の他サービスにとぶ仕組みを使えば番組内で口にした曲名に反応してミュージックアプリに飛ぶことも可能では、ないかな。DL時にミュージックアプリで番組内で使う曲がサブスクにあれば自動DLされてるとか。可能だろ?!技術は、進歩している

韓国シリーズ

シリーズ全試合、プレーオフ全試合が高尺スカイドーム開催へ。初のプレーオフ出場となったKTと初優勝のNCは、地元の水原(現代ユニコーンズで開催)、昌原(初開催)で開催できず。NCが首位独走でそれについてきていて試合消化が多いため勝ち数が多かったキウムが最終5位でワイルドカード決定戦も敗退。LGは、対NCの相性がいいだけに勝ち上がれば。ライバル斗山戦は、最大の盛り上がりになるだろう。終盤一気に上がってきたKTがそのまま勢いで初優勝と行くか。10月無観客試合になったYouTubeレンソン応援は、楽しかった。朴龍澤の逆転弾からのアパト、ソウルのアリア、勝利のうた!球場のスタンドに座ってる視点なのがいいんだ。MVPは、優勝請負人梁義智だろうけど初年度メンバーの羅成範が成績でも決勝打の数も1位だしふさわしい。

電レン

梁東根引退試合で始まった籠球。大学リーグは、LGチャンピオンスパークでの組別リーグ方式になり決勝は、延世大-高麗大のいつもの2強になり高麗大が延世大の連覇を阻み王者奪還。ドラフト1位候補は、윤원상と思われる。송교창から始まったトレンドである高卒選手も2人エントリー。송교창(三一商-KCC) 서명진(釜山中央高-現代Mo) 김형빈(安養高-SKナ)は、いずれも1巡で指名された。一般枠で高知中央高-大阪学院大함승호もエントリー。7年いれば日本語も不自由ないだろうしアジア枠でなくKBLを第一に選ぶわけか。1Rの注目は、허훈のKT。18-19準優勝の電子LANDそして新生現代モービス。LGも応援してるけどね。金時来アシスト1位!。梁東根引退試合では、選手の背ネームを梁東根にする。野球なら背番号だが選手が入り混じる競技では、名前を一緒にするのか。長くコンビを組んでいた咸志勲の気合がすごい伝わった好ゲーム。今季は、外国からでもライブ配信を見られるのがありがたい。コメントで現代モービスは、速攻のチームになったとのこと。高卒3年目背番号を77から7に髪を染めた서명진が中心になっている。シュートが入ったとこは、見たことないがスピードスター。シューター김국찬は、30から3に変更。ここに이종현がいないのが寂しい。首位電子LANDは、既存戦力の底上げのみでこの位置にいること。김지완をFAでKCCへ1月復帰予定の정효근、今季から兵役の강상재 が抜けてるが김낙현 이대헌そしてベテラン정영삼。エース박찬희は、ここぞという時に出てくる。電子LANDと現代Moは、見て楽しい。 

極楽湯 東大阪

RAKUSPAガーデンなどでお馴染みの極楽湯グループのスタンダード店舗。・・宮下愛ちゃんのPV・・・いいな。リナちゃんはよボードかぶれ。

公衆銭湯価格の450円でシャンプー ボディソープの類は、なし。風呂に入れるのは、1回のみ。スーパー銭湯の需要である。風呂入る食事して昼寝また風呂に入るの繰り返しは、できない。が実際に訪問してみて500円ランチが存在。券売機は、店内の食事処にあり。食券購入券売機もある。食事処までは、無料でいける。というのは、長所に転換する。まず店に入る。靴箱と更衣室ロッカーは、100円戻り式。テーブルを確保してからプランを考える。入浴は、1回のみ。何時間入るか食事は、先にするか後にするか。お風呂だが。更衣室広い。牛乳は、見かけなかった。内湯、水風呂ともに広かった。露天風呂は、中庭式で湯の華廊くらいの大きさかな。内湯に力を入れているみたいだ。外にミストサウナ。内に平均サイズのタワーサウナ。入り口は、1番上。外は、天然温泉の露店岩風呂と畳の座敷。1回のみの公衆銭湯なのでこれは、ありがたい。公衆銭湯料金でスーパー銭湯に入れる。通常の公衆銭湯では、太刀打ちできないだろう。

食事処に無料で入れるのは、大きい。裸足で入れる街の定食屋と見ることもできる。同じように入浴1回きりスーパー銭湯では、なにわの湯は、施設に入る時点で入浴料が必要。一休大阪は、食事処は、無料だがそこにいくアクセスが難。

極楽湯は、他に正雀とJR尼崎にあるが尼崎まで行ったら和らかの湯に行きます。食事付セット1000円で何度も入浴できてお昼寝できる。漫画充実には、かないません。