ぱるかたーる

きもオタのおっさんです。旧日記d.hatena.ne.jp/palca @palcamirai

ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・デザイア(1) 星影の魔都 (富士見ドラゴン・ブック)作者: F.E.A.R.,加納正顕,片桐いくみ出版社/メーカー: 富士見書房発売日: 2010/02/20メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 80回この商品を含むブログ (41件) を見る

ファルツハーツが主役といっても幼稚園バスをジャックするような悪役では、無くてファルツハーツ内部の裏切り者、倫理的に許せないのを始末するって感じぬなってるな。正義の対局は、悪では、無く別の正義だが、別の正義では、無く悪とぶつかったわけか。今までのUGN側でもできる話だな。オリジンなんかそうだし。でもよかったー敵側の描写とかすごくぞくぞくしたしPC側も危うさを内包していてキャラもたっていてよかった。まずは、ミユキ。ポリフォニカのレイファスで見せた合鴨さんのヒロイン力は、すごかった。真梨子にむけて不適にほほえむ1話の締めは、最高。ゲストの朱香は、ルールもロールプレイもよかった。特に真梨子と瑞穂の関係を知ったときの感想は、まさにデザイアー!。九鬼さん渋くてかっこよかった。イージーエフェクトがすごい役立ってる!ただのネタエフェクトじゃないんだ!真田くんとのカンケイも良かったなあ。その逢瀬の舞台となった京都駅の上ってレンタルマギカでもバトルの舞台になってたね。王子・・いつもと同じキャラだな〜。最後に2話の敵役の一角の俊介。せつねえええ。愛してたのにー。晃士朗の台詞がいろいろ妄想させる(笑)