ぱるかたーる

きもオタのおっさんです。旧日記d.hatena.ne.jp/palca @palcamirai

書店にならぶTRPG書籍の山

今,話題の“新ジャンル”「マーダーミステリー」を見逃すな! 「人狼」「脱出ゲーム」に続く,アナログゲームの新潮流を徹底解説 - 4Gamer.net

TRPGの役割演技の演技によった感じ?キャラクターを理解する作業が大事?マスターの仕事量が増えるのかな。ゲームマスタリーマガジンにソードワールドを題材にしたリプレイが載っているらしいが。 

ゲームマスタリーマガジン第9号

ゲームマスタリーマガジン第9号

  • 作者:安田 均
  • 出版社/メーカー: 書苑新社
  • 発売日: 2019/10/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

書店に来ると膨大な量の書籍にまず圧倒される。目的の本を探すという面でネット書店には、負けるのかな。電子書籍が増えて紙書籍や物理メディアは、高級品にふれていくのだろうけど。エロ本書店やオタク系書店を見ると書店は、尖った方向に個性をだしてゆく方向になるのかな。

その中でTRPG関連。一つのゲームをやるのに必要となる本が多くなりませんか?しかも高い。ソードワールドに関して言えば文庫型で成功したから最初は、文庫。でもサプリメントは、大判を何冊も利益を上げるために矢継ぎ早にださないといけないというのは、わかるしこの業界は、ユーザーみんなで支えてるって面もあるからな。電子化とか遅くないですか?ガープスを探してみたけど電子では、ない。RPGの雑誌サブスクリプションとかやってほしいかな。年間5000円なら格安だと思うし。文庫ルールブック数冊と大判のサプリメント数冊は、これからRPGを始めたい人にとってハードルが重い。コンベンションでマスターやる人は、ウーバーイーツのバッグのような箱に詰め込んでるのをみると電子化してサプリメント類へらして月、年いくらで広く浅く収益を集めてほしい。TRPGアナログゲームに特化した雑誌サブスクリプション年5000円でプリペイドで先払い出来たら迷うことなく加入するよ。

 

ガープス話がでたので角川のRPG専門誌コンプRPGの目玉として汎用ルール[GURPS]スティーブジャクソンゲームス。キャラ作成は、ポイントを消費するためランダム要素がない。判定は、2d6で能力値-難易度+技能LVを下回れば成功というシンプルなもの。必要なサプリメントは、魔法を使うための「マジック」超能力を使いたい「サイキック」格闘で殴りたい「マーシャルアーツ」があれば十分。あとそれぞれの世界観にそったもの。現代日本で魔法を使いたいならこれだけで十分じゃないかな。魔法を使うのに魔法の素質という特徴が必要で「火の魔法しか使えない」「詠唱が必要」「動作が必要」など制限を加えることで消費するCPを抑えることができる。強力なキャラを作ろうと思ったら個性が強くなる。欠点もあってレベルが上がったときのレベル上がった感を感じにくい事。ソードワールドのようなクラス制だとレベル上がった気持ちよさ満喫できるだけどね。

ガープスウィッチーズ

「不幸」「治癒魔法:本人限定」「航空ウィッチ基本セット」

「未来予知」「妄執:サーニャ」「航空ウィッチ基本セット」 癖「シールドを使わない」

「航空ウィッチ基本セット」「治癒魔法」癖「胸に執着

 

ガープス・ベーシック 第4版 キャンペーン

ガープス・ベーシック 第4版 キャンペーン

 

 


今季「恋する小惑星(アステロイド)」放送ということで「宙のまにまに」を紹介。高校天文ネットワーク主宰の近江さんとロマ部長のカップルがいいんだよ。

 

宙のまにまに(1) (アフタヌーンコミックス)

宙のまにまに(1) (アフタヌーンコミックス)

 
第9話 高校天文ネットワーク

第9話 高校天文ネットワーク

  • メディア: Prime Video