ぱるかたーる

きもオタのおっさんです。旧日記d.hatena.ne.jp/palca @palcamirai

iPadOS登場とitunes分離

アップルの開発者向け発表会。WWDC2019において発表されたipadOS。ipadの性能が大きくなりすぎてiosだと活かしきれない。アイコンの隙間が空きすぎてみっともない。PROに搭載されたUSBtypeCを活かしたいなど色々理由があるのだろうがiosから独立させた。独立といってもiosと同じ13からスタートで独立感がしない。今後番号もずれて行くんだろうけど。マウス使えるってのおまけ程度で基本は、触って操作。指でなぞってコピッテつまむように移すって感じの操作や。そしてUSBtypeC対応のPRO以降待望された外部機器の操作。Blurayドライブも操作できるのかな?Macは、さらに専門化されたプロ向きに特化されて行きそう。

Itunes分離。音楽販売をCDから配信に変えてApple Musicのサブスプリクションで所有という概念を変えた。所有したい場合は、物理で購入。そこまでは、必要ない場合サブスプリクションや配信で無期限レンタルで視聴す権利を買う。分離して生まれた3つのアプリipodから生まれた「ミュージック」ビデオから生まれた「TV」そしてユーザーがつくったともいうべき「Podcast」。Podcastは、元々ipodにMP3楽曲いれて利用していた時代に音楽では、なくネットラジオをいれて配信したのがスタートで最初は、音楽と一緒に入ってたな。いつの間にか分離してまたいつのまにか独立したPodcastアプリが生まれたなあ。今回分離した中で唯一有料サービスを展開していない

Podcast配信に対しては、料金徴収のシステムがないからラジオ番組は、radikoやラジオクラウド音泉文化放送など独自アプリが多い。落語配信も「ポッド寄席」がスポンサーがいない。金払って二つ目の落語聴きたくねええとかでなくなった。Apple Musicの中にPodcastも入ると思う。Apple Musicは、サブスプリクションの中で一番加入ハードルが低くコストパフォーマンスが高い。Apple Music Podcastでラジオクラウド音泉の番組が Podcastで聴けるようになる。秋には、有料 Podcast期待。でも値上げは、嫌よ。 

現状のApple Musicには、ミュージックビデオがあるからその枠でビデオPodcastもありだな。