ぱるかたーる

きもオタのおっさんです。旧日記d.hatena.ne.jp/palca @palcamirai

空庭温泉レポ

JR弁天町駅の目の前というアクセスの良さ。料金は、2400円と高いがスパワールドも本来は、その料金で各種割引キャンペーンで1200円になっているので妥当なところ。テーマは、安土桃山時代という雰囲気も味わえるのがメイン。4月からリニューアルオープンの有馬温泉太閤の湯も同じコンセプトでしかも有馬。黙っていれば勝ち目は、ないので立地の良さを生かして矢継ぎ早にイベントで集客してゆくのだろう。館内に入るとまず館内着に着替える。スーパー銭湯は、荷物は、全部ロッカーに入れてくつろぐので入口のロッカーを広く取れば銭湯部分のロッカーを狭くできる。実際銭湯は、中庭が大半を占めており公衆銭湯と広さが変わらない。男女の壁の上方が空いており公衆銭湯を意識した間取りだった。段差が多くやや危険。脱衣所から風呂に向かう入口と中庭に出る入口の見分けがつきにくく何人か間違ってドアを開ける事例が多発していた。館内全体は、探検する楽しみがある。コーヒー牛乳は、小岩井。食事は、タッチパネル操作で注文すれば店員が持ってきてくれる形。清算は、最近はやりの靴箱キーがリストバンドになっているタイプでタッチパネルにピッと当てるだけ。注文履歴も見れるので注文した料理が来ない場合も画面を店員に見せれば良い。酒屋のトークショーがうるさい。休憩室は、椅子付きの方は、コンセント付き。全体的に暗くのは、仮眠需要も考えているのだろうか。

館内着が浴衣ってのは、非日常感お祭り感が出せる。夏場には、中庭で盆踊りなどを開催するのだろう。

 

サブスクリプションは、新たにHuluを追加。巨人戦のために導入したがコンビニで買えるチケットで支払えるしアマゾンプライムにないアイマスシリーズ 武装錬金 ふらいんぐうぃっちを観られるのは、大きい。現在期間限定のマーベルシリーズを視聴中