読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるかたーる

きもオタのおっさんです。アニメやラノベなどくだらないことを書いてます。旧日記d.hatena.ne.jp/pal a

ラブライブTheSchoolIdolMovie(ネタバレしかない)

それは、みんなの笑顔が見たいから。
大阪ステーションシティの初回8:10分の回に行って参りました。ターミナル駅の真上という立地で改札出ればエレベータですぐ。できたての施設で綺麗。すぐ外のテラスに出ればうめ北を一望できるロケーションで映画の後に反芻するのに便利。当然の如く客も物販も行列。物販は、チケットなくてもいけるフロアにあるから後日でもいいとして。見終わってからあちこちの感想見るにもう一回いってみようかとも思いたくなります。まずもぎってもらうと入場プレゼントがあります。1週目は、μsからのメッセージ。N.Yから届いたという丁なのかエアメール装丁にここまでよくきたねってな感じのことが書いてました。カードを収納してあるビニールの内側のシールにスクフェスのシリアル。それがしは、真姫ちゃん。保存用の物理カードも入ってるのかと期待していたのですがシリアルだけでした。映画館の中は、広い!変態仮面の時にいったブルクの3倍は、ありそうだ。大きなビルの上の方と言うことで広く深くスペースを取れるんだな。映画予告、CM、ソーシャルゲームのCMと続きおなじみの映画泥棒。μsメンバーのアイコンによるマナー説明。週替わりだか会場ごとにだかで変わるらしい。穂乃果とことりと海未。「ファイトだよ。」マナー違反を誘発させる罠には、かからないようにしましょう。
「まだ終らない」で締めた2期。それは、予告の内容からラブライブ世界大会か!?と予測していたのですが単なる第3回ラブライブのお知らせ。会場は、アキバドーム。この世界のアキバは、広い。そのための周知活動のためにN.Yにいってもらいたい。A-RISEも同時に海外で周知活動しているのだろう。ここからは、ダイジェストでお送りします。NYの景色堪能、パンばっかりでかよちん禁断症状に陥る。海未ちゃんお約束の顔芸披露。負けようとしないことりちゃんドS過ぎる。ここで流れた凛ちゃんの曲とおどりが今作の私の一番のお気に入り。即ココイイネを押しました。ライブシーンは、予告編の長いくらいさらっと終って気が付いたら目の下に雲海で帰国NY編終了。
ここで大事なことは、街で道に迷った穂乃果が一人の流しの姉ちゃんと出会う。日本人かよっとつっこんだ。ここから一気に面白くなった。穂乃果にとって他人とは、思えない前を進む人。答えは、自分で見つけるものだから。
帰国後μsは、人気者になっています。穂むらに聖地巡礼にきたり理事長から続けないのかと言われたり。μsでそうとう儲けてるな。人気の理由は、NYライブの中継。なんでラブライブ優勝ユニットが今頃?と思いましたがこの世界では、ラブライブの大会の知名度そのものが皆無だったのでは、ないでしょうか。地元のA-RISE。スクールアイドル雑誌に載っていた全国のスクールアイドルも知る人ぞ知るといったレベル。人気におされ続けるのか否か。仲間内では、終ると決めているがファンに対しては、何も言っていない。A-RISEから電話がくる。プロになるという彼女たち。答えは、最初から動かない。スクールアイドルは、スクールアイドル!全国のスクールアイドルを一同に集め同じ歌を歌う。A-RISEを重要な役回りで出してくれた。高森レポーターもでてきた。まさに総決算。
「あの時のように飛べるよ」
流しの姉ちゃんは、未来からきた穂乃果自身と考えるとめちゃくちゃしっくりあうんだよな。みんな同じ事考えてるみたいだし。それ以外ないよね。天候操作できるし風操ってたし。ことしは、2015年だし。
みんなで歌うライブは、スクールアイドルウォーリーを探せ状態の絵が凄かった。
白米スムージーは、おかゆ説と甘酒説がある。
「ママライブだ」
時代は、流れる。
ここにμsという伝説があった。
μsは、終ります。ですがスクールアイドルは、ラブライブは、ずっと続いてゆきます。

これで終ったとすっきりさせてくれた。CGのよさも見られた。今のCGは、メカも人も描ける。ウォーリー状態に威力を発揮した。
μsの次は、年末の紅白!ここでLastLiveだ!

内田彩・・・「実は私は」狼男
飯田里穂・・・VENUS PROJECT(脚本・雑破業)流華・ソバガスキー ED歌唱
南條愛乃・・・「クラスルームクライシス」八槙スバル。fripsideでの活動も
新田恵美・・・「実は私は」紅本明里
徳井青空・・・「だんちがい」仲野羽月
三森すずこ・・・「てーきゅー5期」 新庄かなえ
楠田亜衣奈・・・「ミリオンドール」すう子
久保ユリカ・・・琴浦さん2期に期待
pile・・・不明


京極尚彦・・・・・・「GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」

みんな羽ばたけ。