ぱるかたーる

きもオタのおっさんです。旧日記d.hatena.ne.jp/palca @palcamirai

RPG W(・∀・)RLD7 ―ろーぷれ・わーるど― (富士見ファンタジア文庫)作者: 吉村 夜,てんまそ出版社/メーカー: 富士見書房発売日: 2010/12/18メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (13件) を見る

前巻の死の町のトラウマは、さすがに強烈だった。今回登場したパール姫は、前巻でヴァイモンが連れてきた元村娘だと思ったのだが違うのだな。王家というのは、歴史があって求心力を持つモノだからこちらのが自然か。ツインテだし王としての気品があるし特殊職業だし。職業といえば姉妹が村娘からジョブチェンジ。神様は、いつも見ている。今回は、好感度高かった。メタボさんすごくいい人だ。自分を省みることができるってのは、強い証拠。ショウさんとエルは、盤石になってるな。