ぱるかたーる

きもオタのおっさんです。旧日記d.hatena.ne.jp/palca @palcamirai

司書とハサミと短い鉛筆7(最終巻)

敵なのか味方なのか疑ったまま素直になれず文人は、父と別れることになったのは、悲しかった。父としては、最後にやり遂げて満足だっただろうが。合体フィフ強すぎ。あいつらどころかヤツも引き立て役に。最後は、記憶を消して非日常かの夢から日常へ。日常では、どのような物語を紡いでいくのでしょうね。