ぱるかたーる

きもオタのおっさんです。旧日記d.hatena.ne.jp/palca @palcamirai

例のアレ

ももきん全力投球かぐやのあかずきんはこぶとりシンデレラ思いだした。「藤堂家は、とある灼眼の禁書ラ電波女と七人の先輩とレンタルメモ帳なら二〇〇〇万部は、かたいぜ。」手のひらを返したように叩かれまくってるけどアキバblogの関連記事の下の方の絶賛ぶりを見ると笑える。広告リンクもばしばしはってたし。初版二版在庫無しに貢献大だな。でも指摘されるまで誰も気付かず既視感があっても普通にこのジャンルのテンプレだから気にせず。キャラがたってるとか絶賛されてたんだよな。角川グループは、かなり皮算用してただろう。でも一番の被害者は、だれかといったらたってるといわれたキャラクター達。キャラクターといえばいわば娘だ。ようやく陽の当たる世界に出て「パパやったね。これでアラビアンナイトの王様のようにわくわく大もて人生だね(はあと)」と手を打って喜んでいたら・・パパは、本当のパパじゃなかったんだよ。いつも読んでバカにしてる小説の向こうに本当のパパがいて姉妹がいたんだ・・「パパのバカ〜!私、私・・」目に涙を溜める娘。でもだめなんだこれ以上一緒にいれないんだ。サヨナラなんだー・「・・ここにお姉ちゃん」ふらふらとバカにしてる小説に近づき、本を開く