ぱるかたーる

きもオタのおっさんです。旧日記d.hatena.ne.jp/palca @palcamirai

白銀の城姫 (MF文庫J し 4-4)作者: 志瑞祐,上田夢人出版社/メーカー: メディアファクトリー発売日: 2009/12/22メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 52回この商品を含むブログ (16件) を見る

最初の意思を持った建物のようなイメージで人間の姿は、幻影みたいなしたがまんま人間の姿でした。エリッセを城姫にした時点でかなりの悲劇が連想できるわけですが。シャト子についてもまた悲しいことになりそうですね。弟子は、師匠をぶち殺してはいあがるものさ。設定的には、ファンタジーというより中世の歴史モノに魔法・・ここでは、建奏術と城姫を合わせたものですね。文脈的に戦記物が好きなのは、伝わってきた。術に奏でるてのが入ってるところでう詠遣いシリーズを連想しましたがあれほどの綺麗さは、無いな。ざっくりとした感じ。ドーンとか建物がでるのは、ビジュアルに映える
エリッセがすごくかわいそうだった。せっかくリンツと再会したのに変な女にとられてて。
嫉妬に狂ったエリッセが城姫として本格稼働して鉄仮面を殺して砦を破壊して放浪の城姫になって敵として立ち向かってくる展開を期待したのに。
お気に入りは、黒城姫の城主と壊し屋の姫さんだな。
あとがきのツンデレ台詞志瑞たんは、イラスト化してほしい