ぱるかたーる

きもオタのおっさんです。旧日記d.hatena.ne.jp/palca @palcamirai

ブレイドライン アーシア剣聖記 (角川スニーカー文庫)作者: 水野良,津雪出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2009/09/01メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 50回この商品を含むブログ (31件) を見る

やっぱり水野だ。ぐいぐい引き込まれてしまった。東洋風のファンタジーという触れ込みだが時代劇でした。メイド喫茶があるとこから時代劇手のは、コメディ色を出すからね。地図は、西日本の地図と言うことでわかりやすいかな。帝都=京都から商都=大阪から船に乗り故郷である瀬戸内海の危機を救う。そして故郷から消える。残された人間から見れば父同様に波にのまれて死んだことになってんのな。争議もやって墓も建ててるかも。仲間とは、水野的定番で町中で巻き込まれ型で出会うと思ったがそうでは、なかった。つか親父が水野的主人公のようだ。スズリは、普通の人間みたいだな。最後まで鬼化して戦わなかったトキノとは、今後もかかわってくるのだろうな。つぎは、西遊記だ!スズリもおいかけてくるかな。あと定番と言えば親父は、ラスボスとして立ちはだかってくるんだろうな。