読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるかたーる

きもオタのおっさんです。アニメやラノベなどくだらないことを書いてます。旧日記d.hatena.ne.jp/pal a

演じるという事

4月期は、「アリスと蔵六」「ひなこノート」「roommate」「孤独のグルメ6」あとabemaで「超時空要塞マクロス」を視聴中。「さくらクエスト」は、見る環境にないかな。マクロスは、初代から7へつながる流れが7を全く見ていなかった私には、ありがたいです。ここでとりあげるのは、「ひなこノート」の制作会社であるパッショーネ http://passione-anime.com/ を初めて知ったのは、「railwars」シリアスでガチな設定からこれは、正座して見なければいけない作品だと思いました。ところが4話。唐突に胸のでかい女が全裸になる。俺たちのこだわりは、ここだとばかりにエロい動作に尺をかける。胸の形、ケツの形へのこだわり。尺が足りなくなれば「ここをはしょっちゃいけないでしょ」って場面をバッサリ削る。それが俺たちのやり方と言わんばかりの大胆さ。シリアスの仮面を被ったカウチポテトアニメ。私は、彼らに対して尊敬の意味を込めてこう呼ぶ「俺たちのパッショーネ」。そんな俺たちが全力を尽くしたのが今期の「ひなこノート」毎週楽しみにして笑って見るが円盤を買おうとわ思わない。そういう忘れ得ぬ本作。舞台となっている演劇。高校演劇や小劇場演劇に興味を持っている私としては、注目していました。俺たちのパッショーネに期待しつつどれだけ演劇に取り組むのかそこを注目して見ました。

小劇場演劇や学校演劇は、大きな機材や演出は、必要では、ない。机と椅子があればそこが学校の教室にもなり劇場にもなり食堂にもなる見る側の想像力に任せた娯楽。それをどのようにみせるかにも注目していました。演劇を題材にした作品は、演じている人物がさらに別の人物になるという難しい演技が要求される。役者は、同時に二つの人物を重ねるように演じる必要があるのですが。それをどのように解決するのか。

答えは、キャラが演じているキャラとキャラ自身を重ねかけ離れたキャラにしないでした。前半部分でお気に入りの1話は、初舞台のハンカチのシーンです。初舞台であの機転は、利かせられません。こんごどのように進むか原作は、4コマなので他校との対抗戦などは、ありませんが「きんいろモザイク」の文化祭シーンなど見馴れたキャラが別のキャラを演じる劇中劇を扱った作品。今後も期待です。

 

演技とい事では、広瀬和生氏がポッドキャスト番組「新ニッポンの話芸」で語った一言。

「演劇は、別のものになるが落語家は、何者にもならない」

という言葉が印象に残っている。落語は、声色を変えない仕草や口調で演じ分ける。演劇は、体全体の立居振舞。何かが憑依しているように演じる。

 

おまけ

東京ポッド許可局で「神」に少し触れていたが初出は、「デスノート」の「あなたが神か?」だと思う。

[Bリーグ]赤イルカ

Bリーグ開幕によるプロ化によってNBLの実業団が全てプロ化し応援するチームを選ぶ。bjリーグで応援していた地元所沢のブロンコスは、カテゴリが離れているので継続して応援。NBLで応援していたのは、応援番組「ドルフィンズTV」を見て三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋NBL最終年でAKBチーム8やモニターを持ち込むなど集客に頑張っている姿勢を見せていたトヨタ自動車アルバルク東京の中から考える。bj勢は、応援する人が多いので考えない。アルバルクは、チームカラーを緑から変更しリーグのヒール的立ち位置にまわったので改め名古屋ダイヤモンドドルフィンズに決定。チームカラー、ロゴ、選手を入れ替え一気に若返り苦戦が予想され応援しがいのあるというところも好印象。初観戦は、シーズン前の8月の練習試合の서울三星サンダース戦。18切符を使って名古屋へ向かい時間に余裕があったので豊橋まで行ってあんまきを食って駅前ふらついて戻って金山から大曽根へ。駅の目の前の三菱電機体育館の外周には、ドルフィンズジャーナルが貼り付けてあり試合情報のチェックができて本拠地感がある。角まで行くとドラゴンズカラーのサークルK。並走している高架は、ゆとりーとらいん。バスと鉄道を組み合わせたような珍しい交通システムに興味惹かれて登ってみる。高架上にある駅のホームとバス停を組み合わせたような空間がすごく新鮮だった。渋滞もないし全国的に普及しても良さそうなんだけどなあ。そこから東体育館、ナゴヤドームまで雨に濡れずにいける。イオンでパンを買って食って三菱電機体育館。体育館の入り口で配布しているプレゼント抽選券を貰って中へ。ざっくり200人くらい。監督が最大のスターの三星もフルメンバー目の前で見た김준일は、大きかった。というか全員でかいしごつい。KCCから移籍したばかり金泰術のボードをもっていた女性がインタビュー受けたり一緒に写真撮って貰ったりサイン貰ったり羨ましかった。今年は、LGに来てほしいです。

Bリーグ公式戦初観戦は、やはり開幕戦。これは、いかないといかないでしょう。エヴェッサvsレバンガ。舞洲は、ふかふかの座席で見やすく周辺に何にもない。アクセスがバスしかないという事を除けば素晴らしい環境。高校野球の決勝だと脱出するのに40分かかるからなあ。交通費は、土日エコキップを使えば安くあげられる。観客は、3000人。監督も感激していたようにこの記念すべき始まりの試合は、各地で満員と大盛況。ドルフィンズは、若手中心になって苦しむかと思ったが予想に反して序盤から乗りに乗って10連勝。若さがいいほうへ機能した。ドルフィンズ戦初観戦は、11月末のWJBLとの共同開催。1試合ぶんの入場料で3試合見られるというお得な日。この日は、4000人超え。ブースター席は、2300円でベンチの真後ろに座れるというものすごいコストパフォーマンスの良い座席。試合は、終盤までリードされていたものの最終盤に一時逆転。立ち上がって叫んだ。結局逆転負けでハンナリーズ戦に続いての連敗だが満足感の高い観戦体験。ジャスティン選手に声をかけたら手を振り返してくれたのが嬉しかった。初のホームゲーム観戦は、30日のブレックス戦。名古屋駅地下街の寿がきや台湾ラーメンを食べる。辛いけど癖になる。寿がきやといえばソフトクリームだからつぎは、ソフトクリームかあんみつにしよう。ひつまぶしに味噌カツいろいろ悩む。駅からは、高いビルのある方の出口に出てまっすぐ進んでどこでもいいので左に曲がると名古屋城のお堀が見える。ここに来るのは、20年ぶりくらいだなああ。前の時は、キャンペーンかなにかで天守閣に無料で上がれたのでじっくりまわったのをおもいだす。

愛知県体育館の感想は、一言言って「建て替えまだかな」せまいしコンコースは、単なる通路だし椅子硬いし四角だし。ドルフィンズマルシェが始まるのは、次の試合からでグッズも全然充実してなかった

。チームロゴタオルとティシャツを買って応援。終始リードを守って勝利。よかったああ。気持ちよかった。帰りの名古屋ビックカメラでかよちん看板見て帰路につきました。

年明けから若さが悪いほうにでて坂道を転がるように連敗街道。スポナビ無料になった3月以降は、相手が大興奮する試合をたくさん提供しました。終盤5戦が消化試合になったもののゴールデンキングスのPO進出を阻んだホーム最終戦。連敗の雪辱をしたハンナリーズ戦。終盤3連勝で締めて終わり良し。1年目は、良いとこも悪いとこもたくさん経験させてファンを鍛えてくれた初年度シーズンでした。藤永や安藤周人の出番も増え船生、張本が欠かせない選手に。中東が絶好調だとまけない。次のシーズンは、このメンバーで連携を深めて言ってほしい。次に購入予グッズは、藤永の横に広げる大きなタオルです。

 

[次回予告]

 

 

をアニメ化しよう。プレゼン企画を行います。綺麗な映像は、今のアニメに会うはず。

ラジオがたり

つぶやいている「ラジオパラダイス」というのは、20年以上前に存在したラジオ番組雑誌。西田ひかるが表紙の現物をもってます。特集は、聖飢魔IIの番組と伊集院光「OHデカナイト」パーソナリティと番組人気投票では、安定の小森まなみ。あまりに強すぎます。投票方法は、雑誌付属のハガキを使って投票するもので各番組で投票を呼びかけている事。これでも小森まなみ伊集院光は、強いんだ。

 

ラジオ投稿歴は、1番組3通ほど採用されたかな。投稿したハガキは、採用されなくてもパーソナリティが全て目を通しているのでファンレターも兼ねてその人の演じるキャラクタへの熱い想いをぶつけたりしたらはずかしいぞ。没があるからと油断していると読まれて恥ずかしいと感じる内容ほど採用率が高いぞ。1流のハガキ職人のように狙って綺麗な文章を書くとかえって採用されにくかったりする。汚くて読みにくいハガキを読んでくださったスタッフの皆さんには、感謝しかない。

現在放送・配信中の番組

JUNK

伊集院光は、冒頭のトーク部分をラジオクラウドで配信。爆笑問題は、ラジオクラウドでは、冒頭トーク部分は、滅多に配信しない。投稿コーナー多めで丁度いい感じにまとめられている職人のレベル高すぎ

東京ポッド許可局

くだらない話かな。含蓄とか知識の広さ深さに考えさせられる。

東京ポッド許可局

東京ポッド許可局

  • 東京ポッド許可局
  • 社会/文化
  • ¥0

 

ジェーンスー生活は、踊る

前身番組の相談が踊るのみ聴いている。生活は、毎日あるので追っかけるのが大変。「伊集院光トラジオ」に続いて放送。相談から生活への変更点は、代行MCがアシスタントに変わった。4月26日放送分では、入浴剤「牛丼の湯」紹介。風呂がまっ茶色ですき家の匂いするとか。体育会系部員の入浴後は、凄い匂いと色してそう。投稿コーナーで「相談は、踊る」が残っていて安心。

 

ライムスター宇多丸ウィークエンドシャッフル

宇多丸さんの名前は、あちこちで聞いてそんないい人なら聞いてみようかなとポッドキャストで。映画評論、投稿の読み方、全て5億点。サタデーナイトラボは、全く興味のない題材が取り上げられることが多いのにどのゲストも聴きやすい。最近では、小出さんの朗読シリーズやヤングハッスルさん泥水特集。全部いいな。全国ネットでは、ないのでラジオクラウドで聴いてます

 

TENGA茶屋

アダルトビデオで一番面白いのは、事にいたるまでも寸劇。エロ語り。エロは、実際にやるより聞くのが面白いよね。ケンコバさんの語りと松浦さんのものまねが好きだな。radikoタイムシフトより丁度よくまとめられているポッドキャストが聴きやすいです

 ゲスバカ天国

アラサーの大衆劇団俳優の方とその友人数名で配信している。進行 語り口など聴きやすい。アニメは、過去にAKIRA 寄生獣の事が語られた。

 

ふじょりてぃ30

30代ヲタク女2人の語り腐女子と称しているが基本的にその期のアニメの事を酒飲み話する。

 

新ニッポンの話芸

広瀬和夫さん立川こしら師匠 三遊亭萬橘師匠 馬るこ師匠(アップルの予測変換にありませんでした)うち2人は、イーフロン亭の落語配信で知った。北沢 成城の落語会のポッドキャスト。こしらさんは、大阪福島さばのゆ温泉でも独演会やってる情報をよく見る。4人のキャラが立っていて落語の世界の話。人と人の話を語ってくれる。スイッチが入った時の広瀬さんの落語家語りは、ものすごく面白い。時折配信の内容が録音されていないなどもあるがその時は、お詫びの意味で落語を一席配信してくれることもある。二つ目ブーム若手ブームと言うがもっと上手い人。気鋭の若手真打をまず聴くべきとおっしゃていた。

連雀亭は、500円で二つ目を数席聴けるがその前に末廣亭深夜寄席プロ野球の内野席くらいの料金で観れる広瀬さんのオススメ噺家を聴くのが初落語にいいのかな

アニメ関係の話は、シンゴジラ、広瀬さんの娘さんがおそ松さん本だしてるらしい話とサービス開始当初の艦隊これくしょん

  

味園落語研究会

 裏なんばと呼ばれる黒門市場日本橋駅側の入口に立って横断歩道を渡ってまっすぐ行けば見えてくる怪しいビルが味園ビル。そこで開かれる落語会の宣伝ポッドキャスト。上方の若手落語家と講談師とシスタントの女性で進行。他の噺家語りは、ほとんどない。立川こしら師匠がゲストに来たことがありその時に新話芸に触発されて始めたと語っていた。

熱量と文字数

熱量と文字数

熱量と文字数

  • ねつもじ編集部
  • ビジュアルアート
  • ¥0

 アニメ会の二次元に行きまっしょい。アニメ会のヲタメシの後継として一番忙しいタツオさんが私費を投じて続けてくれた番組。多彩なゲストとその期の新番組全部見て観た。アニメプレゼンレベルは、さすがプロの司会で芸人。めちゃくちゃ心地よい。長濱博史監督のアメコミ語り仕事語りがものすごく面白い

二次元妻帯者の夜Hz

二次元妻帯者の夜 Hz

二次元妻帯者の夜 Hz

  • にじさい事務局
  • コメディ
  • ¥0

三平×2 さん やさしい雨松崎さん ゴールドラッシュドイチューさんの二次元の嫁を持つ3人のその期のアニメのヒロイン語り。萌え豚なら波長が合う

 

 

ラジオ大阪

アニメ系がいくつかありますけど聴いてないのでラジオクラウドやラジコで確認してください

 

文化放送a&gサイトで確認

古くは、電撃大賞ツインビーパラダイスなどでアニラジ系では、お馴染みの放送局。HPをざっと見ると新人声優や養成所生の番組が多い。ここで注目するのは、「バナナフリッターズagogo」25年まえのアニラジでは、おなじみののんこさん関さん山寺さんのユニット。懐かしいいいい。これ絶対聞いた方がいいやつ。もうひとつは、アニメスクランブル。パーソナリティは、お馴染みの長谷川のび太アナウンサー。ここだけ25年前になってるよ。当時聴いていたのは、電撃大賞クリスタニアゴクドーくん漫遊記ツインビーパラダイス。おったきぃ佐々木さん元気かなあ。ときめきメモリアルのラジオも聴いていたかな。ポッドキャストでは、金田朋子ミニミニミクロ幼稚園(うろおぼえ)山本麻里安さんの番組。どっとあいの放送後記。奈良さん好きだな。

 

國府田マリ子ツインビーパラダイス

文化放送のヲタク枠のんことのび太アニメスクランブル 電撃大賞レジェンドオブクリスタニアに続いて放送。電撃王ゲームミュージックライブのコーナーで番組開始が告知された。プロデューサーは、おったきぃ佐々木さん。前半のトークと後半のドラマの二本立て。リスナーの印は、ツインビーという事でベル。第1回のリスナー大集合で最寄りの西武小平駅にいったが誰もいないので2回目のリスナー大集合で新宿アルタ前に行くとBEEメイツの手作り看板を置いてあって野郎ばかり総勢30名。おったきぃ佐々木さんも来ていて近所のファミレスで食事した時にBEEメイツ会員証(名刺サイズ)を貰った。その後新宿中央公園に移動して佐々木さんを囲って質問コーナーをした。少女漫画好きとか。

のちに個人で西武ひばりヶ丘駅に行くと伝言板BEEメイツ集合と書いてあったので指定された日にベルつけて行くと中学生女子高校生男子3人が集まりデパート屋上で写真撮った。

 

 

 

 

 

 

 

ツインビーPARADISE(1)

ツインビーPARADISE(1)

 

 

 

Twinbee Vocal Paradise featuring MARIKO KOUDA

Twinbee Vocal Paradise featuring MARIKO KOUDA

 

國府田マリ子のゲームミュージアム

ラジオ大阪コナミゲーメスト、マルゲ屋が冠スポンサーのゲームミュージックランキング番組。プロデューサー佐藤。コナミサウンドチーム矩形波倶楽部のゲストヴォーカルの繋がり。マルゲ屋のゲームミュージックCD売り上げランキングを紹介する。この番組の内容は、ラジオキャンバスでCDとして販売されているので興味のある方は、是非。vol1の背景は、公開収録兼1stフルアルバムPURE発売記念イベントを行なったつかしん。50人ほど集まったかな 

 

音泉

テレビアニメと連動した番組中心。当初この手の番組は、キャラクターとして行うものだと思っていたが普通の声優のラジオである。互いの呼び名もキャラクター名では、ない。愛称が番組内でつけあっれることが多い。キャラクターでやるとラジオドラマのようになるからだろう。自由に喋ることにより演者の素が出てくる。

 

オトメイト提供番組

鳥海さん1人の番組。鳥海さんと日野さん。そして現在放送中の番組のMCは、忘れた。オトメイトのゲームの紹介と理想の乙女ゲームを作ろう的なシチュエーション募集コーナーとか。鳥海さん日野さんの頃の師範のコーナーとかプロレス話とか好きだったなあ。今のMCの人も乙女と銘打ってますが男性も楽しめます。乙女心で楽しめ

 

林原めぐみの東京ブギーナイト&ハートフルステーション

番組OP曲

 

Tokyo Boogie Night

Tokyo Boogie Night

 

虹色のSneaker

虹色のSneaker

 

 リスナーの印は、虹色のスニーカーからスニーカーの紐をどこかしら見えるところにつける。

ハートフルステーションは、当初ラジオ日本で放送しており雑音の中16回と最終17回を聴取した想い出がある。林原さんは、当時聴いていたはぃぱあナイト金曜日の第100回放送でパーソナリティののんこさんが先出のバナナフリッターズのレコーディングでアメリカに行ったため代打でパーソナリティを務めその場でハートフルステーションがラジオ関西で再スタートすることが発表され先日1000回を超えた。コーナーは、「おつきさまにほえほえー」って名前だけ覚えているが中身は、普通のお便りだったかキングレコードの大槻さんに相談するコーナーだったか忘れた。現在も番組は、続いている

がハガキの内容を見るにリスナーは、離れてないように見える。学校の話が多かったのが車や仕事の話、子供が中学生になった話など。普通に30年ぶりに何かをしたという書き出しから始まる

 

 

天失記

明治初年庶民にも苗字が認められ戸籍を整備する意味合いもあって庶民にも名字を名乗ることを求められる。平家の落人など先祖が名字を名乗っていた人は、昔の名字を復活させますが問題は、それ以外。村から出ることがない庶民は、その重要性がよくわからない。別にいらないじゃん。しかし名乗らないといけない。となると村一番の学識者に相談しようとなります。それが寺の和尚さん。難しい説話や講釈など和尚さんは、なんでも知っている。そのイメージが天失記という噺。

なによりこの「てんしき」というのがミスリードを誘って面白い。天式?天使器?なにやら格式高い文物の匂いが。「和尚さんは、なんでも知っている」イメージから聞き出せなくて弟子に投げるんですよね。登場人物がみんな知ったかぶりするところが面白い。天失記と同じように汚いものを誤魔化すために綺麗な言葉に置き換えるってのは、他にもありますよね。例えば「さくら鍋」は、獣肉のイメージを消してこれは、猪じゃないって言い張るためとか。そこまでして食べたいほど美味しいって意味何ですよね。

 

eスポーツアジア競技大会メダル種目へ

プロゲーマーという職業が認知されて20年近くなりました。韓国のネットの普及率が凄い!街中にPC房がいっぱいあると騒がれた時期に임요환選手などのプロゲーマーが話題になりました。種目では、FPS・ロボットに乗ったり生身で数人のチームでサバイバルゲームみたいな撃ち合いするイメージ。

STG  スターソルジャーとかゲーム競技としてイメージしやすい

サッカーゲーム ウイイレっぽいリアルなサッカーゲームトラックボールぐりぐり動かすイメージ

対戦格闘 日本でゲーム大会といえば8割がたこれでしょ。カプコン SNKといろいろある。大戦略系のゲームも欲しいな。ここで大きく普及しているが絶対大会になりそうにないゲームに恋愛SLGをあげよう。勝負は、攻略対象を選ぶとこから始まる。攻略対象への接近、周囲の女子や男子の友人との接し方、なぜその選択肢を選んだのか?の説明。それらが審査員の目と耳で厳しく判定される。プレイヤーは、激しい羞恥心を覚えるのだ。

TRPG。プレイ動画というのがあちこちにあるが魅せるプレイというのがないように思える。語り手のGM、プレイヤーのほぼ全てが物書きであることから文章になって初めて面白くなることが多くなるTRPGプレイを競技にしてみる。同じシナリオをGMのマスタリング、プレイヤーの役割演技。いかなアイデアを出すのか?ダイスを振るパフォーマンス。場を盛り上げることができたのか?審査する。

 

ひなこのーとに見る演劇アニメ

世間的には、エロい日常系として見られているが作中に実在の演劇ホール「すずらん」が言及されるなど演劇アニメとしてみる。演劇が題材というのは、当然ながら劇中作がある。劇中の人物が別の人物を演じる。ここで考えなくては、いけないのは、他者を演じながら他者にならなくては、いけない。演じているキャラを残しながら別の人物にならなくては、いけない高度な演技が求められる。「新ニッポンの話芸」の中で広瀬和夫さんが演劇役者は、何かになるが落語家は、何者にもならない。あくまで演じ手語り手なのだと語っていた。演劇は、自分以外の人間に完全になる。その上で別の人間になる。TRPGのプレイヤーに似ていると思った。TRPGにおいては、プレイヤーとキャラクターは、別の人格でキャラクターが表に出るがプレイヤーも表にいる。fear作品では、プレイヤー名が公開されているのがその証拠。一方演劇においては、演じ手は、物語がすべて終わってから役者名を名乗る。観客は、そこで初めて演じ手の名前を知る。そこで初めて演者と役が出てくる。最初から演者と役が並行して出てくる演劇アニメは、その両方を活かさなくては、いけない難しい。

K-POP紹介 s#arp

  • ポップ

장석현 이지혜 서지영 クリス・キム

98年デビュー。デビュー当時からメンバー構成が変化しているが私が知った時は、すでにこの構成で鐘閣駅の真上にあったCD屋で女子高生が騒いでいたのを見て手に取った。ツインボーカルとダンサーの男2人もとても魅力的。ツインボーカルの2人は、解散後ソロデビューもし女優としても活動している。

 

 

 

 

 

 

 

eエイプリルフール

ネット社会の年中行事。エイプリルフール四月馬鹿です。ゲーム会社アニメ会社ネットポータルサイト企業が技術の粋を見せてつまらないネタを披露してくれてます。最近の流行りでは、版権を持っている会社と一般製品を造っている企業が組んで企画をつくるパターンがおおいですね。エロゲー乙女ゲーメーカーは、一発ネタが多い模様。いつものようにタイプムーンは、一本のゲームを出す気合の入れよう。グーグルマップは、パックマン

ラブライブサンシャイン
https://youtu.be/dP4TcP95rf8

女のトンは、うまいとおもった。人形劇気合入りすぎ。

アイドルマスター

sideM 筋肉いえいいえい

シンデレラガールズ 24時間テレビ

スターライトステージ    3D凄すぎる

2500円の価値

プロスポーツ観戦や観劇の主な最安値は、1200円から3000円。

1200円代。Bリーグ ファイティングイーグルス名古屋 オリックスの試合の外野席。二つ目の落語3人ほど。小劇団の大衆演劇JFL。2000円以上だとまずいかないだろう。手を出し易い入り口

 

2000円代   Bリーグの最安値の一般的な価格。プロ野球の内野。Jリーグの最安値。熱心に追いかけているジャンルなら安い。興味なければ企画次第で安いと感じる価格帯。

 

3000円代  Bリーグの1階指定席。アルバルク ブレイブサンダースの最安値。天満天神繁昌亭。。真打ちの噺家を指定して見る落語。jリーグの見やすい席の安値。プロ野球の内野指定席。奮発したいときに安いと感じる。この価格帯で観戦することを考えるなら2000円代でグッズを合わせて購入する事を考える。

 

交通費 グッズ代のチケット合わせて8000円が楽しむ基本料金と考えております。

"no158 20170125 모비스 삼성 1q l" を YouTube で見る


no158 20170125 모비스 삼성 1q l - YouTube

이종현デビュー。4分40秒あたり梁東根と同時にコートに入る