ぱるかたーる

きもオタのおっさんです。旧日記d.hatena.ne.jp/palca @palcamirai

 

 flickのiphoneバラして見た記事をまとめたものだがその機種発売時のニュースや機種の機能やコンテンツについても振り返っていて携帯電話やモバイルガジェットヲタクならこれをたたき台にいくらでも語れると思う。iphoneは、ipodであるのが大きいな。当時の音楽配信は、ダウンロード購入した曲は、その端末でしか使えず機種変更すると捨てるしかなかったのが10年前に購入した曲を最新の端末でも聴ける感動。モバイルフォンとしての機能は、当時のフューチャーフォンのが進んでいた。ガラパゴスと言われるほどに

PHS終了について

95年にスタートした簡易型の携帯電話。PHSが2020年停波。自動販売機に入っているものは、まだ続くがこれも知らないうちに切り替わって行くだろう。PHSについては、こち亀で初めて知ったな。固定電話の子機を外に持ち出せるようにしたものだから通話範囲は、ものすごく狭い。それゆえ大掛かりな基地局を構える必要がなく地下街やビルの中、店舗、電話ボックスなどに立てまくった。屋内では、PHS優位。料金も安く通信速度もPDCの9800bpsより高速の64kbps。音声もよい。

PHSのイメージとして先進的ってのもある。インターネットメールは、PHSが先。そういや携帯電話買ったばかりの頃通話料だけで使える音声情報サービスがあったが今もあるのだろうか。リーフレットすっかり読まなくなったな。地域会社に分かれていた頃は、イメージタレントも違っていて旅先で携帯電話リーフレットを集めてたりしていたものだ。jフォンがインターネットメールを始めDDIがEZwebを始めた時期にドコモがiモードを始めた。メールは、最後発だけどインターネットに電話の基本料金プラス300円で繋がるということでまっさきに飛びついた。その時のキャッチコピーが話すケータイから使うケータイへ。それに対抗するようにDDIポケットがケータイからハイブリッドケータイへをキャッチにより音声のよいエッヂを始める。さらにそれに対抗するようにハイパートークというのもあったが。最初に登場したテレビ電話は、PHS。常にあたらしいサービスを始める実験機的位置付けになっていたと思う。その代表がドコモのmstage visualとミュージック。音楽配信と映像配信だがいずれもFOMAを経て現在のdアニメストアに繋がっている。

定額サービスガタリズ

熱量と文字数

熱量と文字数

  • ねつもじ編集部
  • ビジュアルアート
  • ¥0

239回でドラクエ11についてのレビュー投稿がわかりやすくてよかった過去のドラクエ世界とかいって見たいじゃないですか。

雑誌でweb定額サービスについての比べて見た特集があったので自分でもやってみる。現在加入しているのは、

Apple Music  年間9800円

月額980円だがApple Musicカードだと12ヶ月9800円で加入できるコヨーテや이수영のほぼ全アルバムが入ってるのでこの時期のKPOPファンは、加入して損は、ない。s#arpが最近ようやく2枚入ったばかりだが全部で5枚なんだから全部入れて欲しい。アニメソングなどiTunes Storeで売れる曲は、配信されないのが多い。声優系では、ミュージックレインのファンなら満足できる。噂では、2018年限りでiTunes Storeが終了し購入楽曲は、Apple Musicに回る。聴けなくなる曲も多数出て来ると思われる。Apple Music解約したら過去の購入楽曲を捨てることになるのか。

 

iTunes Match  年間3800円

iTunesで配信していない曲の補完に。母艦のマック購入したら必要ないかな

 

アマゾンプライム  年間3800円 月400円

プライムビデオだけで十分元は、取れる。今現在プライム対象じゃなくても気がつけば対象になってることもあるしプライム外れても待っていれば復活するだろう。専用サービスに比べて見放題が少ないと評する向きもあるが時間との兼ね合いで必要十分な量がある。

天地無用 

テレビシリーズ。一度全部見終わってから2周目の方が楽しめる。地球編のドタバタ 番外編 宇宙編のこれまたドタバタ

 

ガールズオブパンツアー

プライムビデオに入っていたことで初めて視聴。努作品ということでSHIROBAKOを思い出す。流れが実に自然。家が家元だから姉と比べられるのを避けて戦車と関係ない学校に行く。生徒会がスカウトする理由もそこにある。自然と友達ができて情報は、小出しに出てきて自然な流れ。人気があるのもうなづける。なによりBGMがよい

 

ほかに孤独のグルメ変態仮面 新作も結構配信されてるのが嬉しい。

 

楽天マガジン

週刊アスキー一冊で元がとれる

 

 

 

一二のサンシャイン

 

魔王は服の着方がわからない (富士見ファンタジア文庫)
 

 

 ラブライブサンシャイン

サンテレビabema

3話まで視聴。話が迷走している感があったが。3話のジェットコースター感でツッコミしながらもたのしくなってきた。ここでデビュー局を持ってくるあたりぐっときた。俗にテレビアニメの3話ていうのは、切るか継続かのターニングポイントと言われているだけにここで思い入れ深いデビュー曲をもってきたのだろう。しかし会場から山越えで学校まで走るのか。目指すのは、箱根か。

 

アイドルマスターside M

 abema

0話のジュピターエピソードは、泣いた。今回登場していないユニットもサブで出ることがわかったので今後楽しみ。

 

アニメガタリズ

abema

アニメがあ始まる時直感で見なきゃって天啓のようなものを受ける作品があります。それがこれ、アニメ語りという美少女動物園げんしけんみたいなイメージ。げんしけんでは、劇中オリジナル作品に語っていたがこちらは、元ネタありの方を語ってる感じ。アニオタあるあるなのか。観る前は、てさぐれのようなプレスコトーク番組をイメージしてたが普通になにも起こらない日常。

 

結城友奈は、勇者である。

Amazonプライム・ビデオ

CMで結城友奈へつながる物語とあるから鷲尾すみの章も勇者の章も前日譚なのだろう。友奈での顛末を知ってるだけに冒頭から涙腺決壊必至

 

少女終末なんとかってのが世間で話題みたいですが私は、みません。

 

 

赤イルカ ウェルカムバックザッキー

近鉄特急で約2時間。名古屋にやってきました。名古屋ダイヤモンドドルフィンズのホーム開幕戦。vs琉球ゴールデンキングス。昨季は、かろうじて最終戦に勝ったけどベテランと勢いのある若手の津山や渡辺、田代らがいる強敵。開幕戦の結果は、1Qについた12点差を縮めることができずに完敗。2戦目も負けて連敗。動員は、4500人で上々の滑り出し。次のホームゲームのダービーが正念場。f:id:palca:20171012111610j:image

行列は、多かったがスムーズに進んだ。上記のドルフィンズマルシェを行列見ながら食しても余裕で配布物貰えました。北海道うまいっしょのうなぎ串焼きとサーロインステーキ串は、注文を受けてからじっくり焼き上げるので美味しかった。喫茶ビギナーのソース焼そば、ピザーラは、出来合い。知多牛肉まんは、普通の肉まんだった。551に慣れてると物足りない。

f:id:palca:20171012112031j:imagef:id:palca:20171012112045j:imagef:id:palca:20171012112054j:imagef:id:palca:20171012112107j:image

2階最上段は、舞洲の上方との比較になるが見やすくて5000席てのは、絶妙な数字なんだなとよく分かる。続いて開催されたコアラーズゲームでスコア表示が昨年の仕様に切り替わる。今年のルール説明が入るのより時間や得点が大きいのがやっぱり見やすくていい。ルールは、口頭で説明で充分でしょう。バスケットは、男女共経験者が多いので周囲の人が説明してたりすることもありますし。グッズは、予定通りタオルマフラーとペンライトを購入。選手名つきマフラーがあればよかったんだけど

f:id:palca:20171012112242j:image

名古屋といえば聖地

 

 

Bリーグ開幕戦エヴェッサ vsアルバルク

開幕節第2戦。2点差でアルバルクの逃げ切り。最後の最後までどっちに転ぶかわからない好ゲーム。f:id:palca:20171002103214j:image

エヴェッサのロゴ。去年あったかな。アリーナは、でかくていいが周りが寂しい。光る腕輪を受け取って入場「なにこれ」席についたら場内のコールに合わせてピカピカ光る。向こう側スタンドの光具合みると場内全体に指令飛ばして操作してるのかな?すごい技術

 

f:id:palca:20171002103632j:image

映画ドラえもんと繁昌亭観覧

少年期

少年期

この夏の間abema TVで映画ドラえもんを毎日のように放送していたのでそれについて。やっぱり大山ドラえもん。40代とも言われるabemaの視聴層をがっちり掴んでいます。1回目は、年代別に2周目からは、人気のあった順にばらけて放送している感じ。見事に後半大山どらだらけ。自分は、小宇宙戦争からアニマル惑星までみた世代ですがこうやって一気に見て行くと映像技術、3DCGの進化、多様ぶりがよくわかる。一見するとゲームの画面かと見紛う3dのぐねぐねした動き。3dCGってゲームの技術なんだなあ。カメラアングルも大きくちがう。大山どら、F先生没後の新と旧の中間。そしてリメイクが続く新。声は、慣れてきた。水戸黄門も何代も続いているし。製作もどらえもんが大好きな人たちってのは、よく伝わってきたが。アニメ制作には、お金がかかる。旧の後半から大人の事情かな?と思えるような新キャラがねじ込まれてたのが不満かな。スポンサーは、大事だから仕方ない。新大魔境で旧作で取り上げられなかった原作部分を取り上げたり本当に丁寧につくっていただけに残念。これができるのに。火を吐く車、空飛ぶ船は、旧だと人間世界に攻め込むのは、無謀だろと思えるが新のそれは、充分戦えるのでは、ないかと思わせるエフェクトだった。

 

※abemaプライムでモーレツ宇宙海賊視聴中

 

天満天神繁昌亭の朝会

来る9月19日の10時開演。5席1500円でお腹がすいた頃に終わるという非常にお得な会。会場は、話芸公演以外やりませんといわんばかりのコンパクトなつくりで100人はいればぱんぱんだろう。入場後扉を開ければすぐに座れる。Apple Musicで落語も配信されているが音声では、その半分も伝わっていない。何事もライブが一番。演者と同じ空気を吸って観る。他のお客の反応、帰り道で耳に聞こえてくる常連の薀蓄。すべてひっくるめて1500円。安い。演目は、帰りきわの出口付近に張り出されるため確認してません。落語によくある飲み食いの仕草に注目して観覧しました。

桂文五郎さん

仕草で笑っている客が何人かいる。ここは、音声では、伝わらないところだ。

笑福亭生寿さん

枕で歌舞伎観劇の話から始めて神社での芝居の話。味園落語研究会会長の桂咲之輔さんと同期らしく。10年目。今後も観たいと思った方。「神社の神樹」の言い回しやさんま焼いてるからその煙を芝居に使おうといったシーンの表現がきにいった。

 

帰りは、係員総出でお見送りしてくれて気持ちよくあとにできた。いい公演でした

 

アリ杯と彦八まつり

f:id:palca:20170903154102j:image

f:id:palca:20170903154055j:image

エヴェッサ会津屋がコラボしてつくったメニューの南仏風なんちゃらとたこ焼きの融合。お味は、「まあ様子がいい

大阪府立体育会館ことエディオンアリーナ大阪。なんば日本橋のおなじみソフマップザウルスの通り。昔メッセサンオーがあった場所に左手を当ててまっすぐ南海の高架を抜けてたどり着く好立地。試合終了が夜中でも外が周辺が明るい。雰囲気は、やはり愛知県体育館ににてるが玄関が広い。物販スペースずららーって並べられる。外の屋台は、建物の下なので雨でも安心。客が入るとここでも狭いと感じるな。ゴーゴーキングスは、実際会場で体感せよ

f:id:palca:20170903154118j:imagef:id:palca:20170903154124j:imagef:id:palca:20170903154127j:image

人たくさん。9月2日3日に生魂神社で開催。上方落語のファン感謝デー。焼きサバ寿司がうまかったああああああ